ミニマリストの服で本当に使える10着、少ない服でおしゃれになるには?

お越しいただきありがとうございます。

ミニマリストを目指して1年以上たちました。

春夏秋冬それぞれで洋服を減らし、お気に入りの服だけにしてきました。

今年ももうすぐ終わりますが、今年買った服はそれぞれのシーズンで2,3着のはず。

来年以降も買い足しというよりは買い替えをして、洋服の管理をしていこうと思います。

今回は、この1年で大活躍した、本当に使える服はどれなのか、考えてみました。

この10着があれば生きていける!かも(*´∀`)

スポンサーリンク

ミニマリストの本当に使える服:トップス

白Tシャツ

アースミュージック&エコロジーの白Tシャツ

1番使えるトップスはやっぱり白いTシャツです。

ミニマリストとしては、洋服は印象に残る服よりも残らない服が大事。

印象に残らない方が、また同じ服を着てると思われにくいですよね。

(別に思われてもいいのですが。)

白Tはそれを叶えてくれます。

しかも白って清潔感があるし、誰にでも似合う。

でも白は汚れが目立ちやすい色です。

よれよれだったり、黄ばんできたりするとみっともないので、白いTシャツは毎年新しいのを買うことにしています。

ボーダートップス

アースミュージック&エコロジーのボーダーTシャツ

ボーダーのカットソー

白Tの次に大活躍したのはボーダーのトップス。

半袖、長袖、白地に黒のボーダー、紺地に白のボーダーなど何着か持っています。

白黒ボーダートップス

最近買ったのはこの長袖のトップス。

白地に黒の細目ボーダーが一番好きです。

ニットに見えるので仕事などのきちんとしたコーデでも使えます。

もちろん休日のカジュアルコーデでも。

ガンガン洗濯できるところが好き。

グレーのパーカー

グレーのパーカー

夏の冷房よけや日焼け防止のの羽織もの、春秋のアウターとして、冬もシャツの上に羽織ったり、と一年中使えるのがグレーのパーカーです。

カーディガンは毛玉になったり、すこし伸びてしまったりしますが、パーカーは持ちが良いのがうれしいです。

これもずっと着ていて、もう何年目か分からないほど(^_^;)

チャックの金具もグレーのところがお気に入りです。

白シャツ

ユニクロの白シャツ

ミニマリストといえば白シャツというイメージがありますよね。

白シャツは長袖を持っているので、真夏以外の春から秋にかけて着ています。

冬はニットのインナーに着ることもあります。

白シャツは袖まくりして手首を見せるとおしゃれで細く見えるらしいですよ。

グレー二ット

冬の定番はニット+スカート+タイツ。

ニットはグレーが1番合わせやすくて使えます。

ユニクロのカシミヤのものと楽天のプチプラのものと持っていますが、やっぱりカシミヤは暖かいですよね!

プチプラの方も洗濯が楽だし好きなのですが、本当に寒い時期はカシミヤを着ています。

ミニマリストの本当に使える服:ボトムス

プリーツスカート

ユニクロのシフォンプリーツスカート

ネイビーのプリーツスカートはユニクロのものです。

2年前ぐらいに買いましたが、真冬以外はずっと履いているぐらいヘビロテしています。

プリーツが全然へこたれないのですごい。

まだまだ使えそうです。

ネイビーなのでトップスはどんな色でも合わせられる。

白でシンプルにしてもいいし、明るい黄色や赤など差し色と合わせてもいいし。

私は白トップス、ボーダートップスと合わせることが多いです。

フレアスカート

ユニクロのフレアスカート

スカートは夏よりも冬に活躍します。

ロングスカートは夏に素足で履いてもいいけれど、膝丈だとタイツやストッキングが必須。

夏にストッキングを履きたくないので、暑い季節はあまり着ないんですよね。

でもスカートにタイツの組み合わせは大好きなコーデ。

タイツは黒でシンプルに。

冬のコートはベーシックなベージュや黒なので、スカートは明るい色で華やかにするのが好きです。

ジーンズ

ユニクロのジーンズ

公園に行くときとか、カジュアルな服にしたいときはジーンズが必須。

1本は持っておきたいです。

ボーイフレンドのゆるっとしたタイプと、スキニーを持っているのですが、スキニーの方の買い換えを検討中。

スキニーの黒パンツに買い換えようかな。

ワイドパンツ

ネイビーのワイドパンツ

去年からワイドパンツが流行りですよね。

夏場はストッキングなど履かずに、素足で良いので涼しくてよく履いていました。

ちょっと涼しくなってからはストッキングやタイツを履けば大丈夫なので、結構長い期間履けます。

毛玉が出来てしまったので来年はまた買い直す予定です。

マキシスカート

裏起毛のマキシスカート

冬によく履いているのは裏起毛のマキシススカートです。

暖かいし、どんなトップスにも合うグレーで使いやすい。

冬の洋服って毛玉が出来やすいので、これも買い替えています。

洋服の選び方、減らし方

ミニマリストになるためには、ある程度洋服を捨てる必要があります。

私は1シーズンでトップス5着、ボトムス5着ぐらいを目指していました。

そのときに参考になったのは本です。

「毎朝、服に迷わない」では、どんな服を持てば少ない服でおしゃれができるのかが具体的に書いてあります。

▼続編のこちらはまだ読んでいないのですが、読んでみたいな。

▼毎朝、服に迷わないの読書感想

『毎朝、服に迷わない』感想
『毎朝、服に迷わない』感想
コーディネートの本を読んだので覚えておきたいことをまとめました。 こうやっておしゃれは作られるんだな。

ベストセラーになった「フランス人は10着しか服を持たない」も面白いです。

「フランス人は10着しか服を持たない」感想
「フランス人は10着しか服を持たない」感想
ちょっと前の本ですが、ベストセラーになり、最近マンガ版も出版されました。 要点と感想をメモしておきます。
『フランス人は10着しか服を持たない2』感想
『フランス人は10着しか服を持たない2』感想
「フランス人は10着しか服を持たない2」で出てくる「一番いいものを普段使いにする」を実践! うちで一番高価な食器はこれでした。簡単美味しいパウンドケーキも作りました。

パターン化すれば短時間でおしゃれになれる

また、自分に似合うコーディネートはパターン化しておきます。

そんなにたくさん作る必要はないです。

季節ごとに3パターンから5パターンもあれば充分です。

急いでいるときはそのコーデを着ると決めておけば迷わないし、時間の節約になります。

しかも失敗しない。

最近私服の定番化を実践している人も増えてきましたよね。

同じ服を着ていたって気にしなくて大丈夫。

定番とする服はあまり主張のないものがおすすめです。

印象に残らないけどおしゃれな服。

白やグレーなどのモノトーンが私はおすすめだと思います。

朝の支度が早くなるとイライラしないので子供や家族もうれしい。

私も気持ちよく出勤できます。

まとめ

ミニマリストが選ぶ、本当に使える服と、洋服の減らし方についてまとめました。

洋服の数を減らすと着る服がなくなってしまうのではないかと不安でしたが、そんなことないんです。

むしろ逆でした。

洋服は自分に似合う服、合わせやすい服だけにすることでどれを着てもいいと思うようになります。

毎朝の支度が早くなり、その時間を他のことに使える。

洋服を減らしたことは、ミニマリストになり最も良かったことだと思います。

良かったら大掃除のついでに洋服を減らしてみてくださいね。

クローゼットだけでなく、心もスッキリするはずです。

▼ミニマリストの参考になるテーマ(にほんブログ村テーマ)
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
シンプル・ミニマルライフのファッション
シンプル・ミニマルライフの美容と健康
ミニマリストの持ち物


お読みくださりありがとうございました!
ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、読んだよの印に下記のバナーを押して応援クリックをいただけると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. いい参考になりました!
    しっかりよく使うものを考えて、使わないやつを思い切って捨てるのは大事ですね!