服の断捨離基準は1つだけ!洋服を捨てられない方必見の方法

こんにちは。

お越しいただきありがとうございます。

最近お買い物の話題ばかりだったので反省。

ということで今日は洋服の断捨離をしました。

こんなにたくさんの服が!^^;

感謝して処分します。

洋服が捨てられない、という声もよく聞きます。

の断捨離に使える、おすすめの基準をご紹介します。

ときめきが分からない。という方でも大丈夫!

スポンサーリンク

洋服を断捨離するときのたった1つの基準

最近かなり断捨離が進んだ私の基準をお伝えします。

それは・・・

この服を初デートに着ていくか?

です。

ほんとにこれだけ!

つい増えてしまう服って私服かなぁと思うので、スーツなどの仕事着は除外してます。

でも仕事着を断捨離したいなら、「この服を大事なプレゼンに着ていくか?」かな。

たった1つの基準でかなり減らせると思いますよ~。

例えば・・・

1年間着ていない服

整理収納で、よく言われるのがこの先1年間で着ない・使わないものは処分するということ。

去年は着なかったけど、今年は着よう!

と思ってしまいがちですが、今年1年間使わなかったということだけでもかなり劣化してるはず。

そうゆう服って毎日の着回しで箸休め的に着ることはあってもメインにはなりません。

処分しちゃって大丈夫です。

古い、傷んでいる服

今年着ている服だとしても古い服を初デートでは着て行かないですよね。

私はパーカーが大好きなのでよく擦り切れます^^;

パーカーは着倒すので1シーズンで買い替えちゃうことも。

ニット類は毛玉も要チェックです。

毛玉ははさみで綺麗にとるか、それが面倒とか数が多すぎるなら処分しましょう。

毛玉取り器はあまりきれいに取れたことがないので、おすすめできません。

あとは明らかに流行が終わっている服も。

さすがに30代でミニスカートは着られないので、処分します。

若かった時の服ってそのころの思い出がよみがえって捨てづらいですよね。

そうゆう場合は写真を撮ってサヨナラするといいですよ~。

首元や袖も、伸びていないかよくチェックしましょう!

持っていることを忘れていた服

忘れていた服も初デートには着て行けません。

やっぱり1年はたってそうですしね。

忘れて着ないでも過ごせてたなら要らないってこと。

洋服を減らしたいなら処分するか、売ってしまいましょう。

すぐに着れる!という場合は着てもOKです。

次シーズンに…と思うとまた絶対忘れる(笑)のでやめておいた方がいいです。

ミニマリストを目指すなら、シンプルな洋服を残す

「初デートに着て行くか?」という基準だけでもかなり減ったと思います。

こんまりさんのときめきと同じようなものですけどね。

ときめきよりも、初デートに着て行くか?の方が具体的で想像しやすいかなと。

こんまり流片付けの方法まとめ
こんまり流片付けの方法まとめ
こんまりさんの「人生がときめく片付け」の方法をまとめました。 リバウンドしないコツは?

減らしすぎないように注意してくださいね。

さすがに明日着る服もないとか、急激に減らすとリバウンドしやすいです。

枚数はトップス5着・ボトムス5着で平日5日間は着回しできるぐらいは残しておいた方がいいと思います。

洋服を捨てて後悔する。というのはあまり聞かないですね。

今着ていないなら、それほど好きじゃない服ってこと。

後悔を恐れず断捨離しちゃいましょう。

さらに上を目指す方にはシンプルな服をおすすめします。

この前もミニマリストには白がおすすめ、という記事を書きました。

ミニマリストの服:白がおすすめの理由とユニクロの白シャツ
ミニマリストの服:白がおすすめの理由とユニクロの白シャツ
ミニマリストの夏服をユニクロで1着増やしました。 白がおすすめの理由は?

シンプルな無地で白・黒・ネイビー・グレーを残す。

ボーダーもOKです。

細目ボーダーの白×黒か、白×ネイビーが私は大好きです。

そうするとどれとどれを合わせても大丈夫。

服が少なくてもコーデは何パターンもできます。

服を減らすと、おしゃれになる。っていう本があったような・・・

ほんとにそう思います。

私の冬服一覧についてはこちらに書きました↓

【ミニマリストの服】冬の基本アイテムリストは14着
【ミニマリストの服】冬の基本アイテムリストは14着
ミニマリストの冬服アイテムの全てをご紹介します。 やっぱり冬もあのブランドが大活躍でした。

お読みくださりありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、読んだよの印に下記のバナーを押して応援クリックをいただけると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク

フォローする