ミニマリストはカーテンなし?洗濯が楽になる方法とおすすめカーテン

ミニマリストはレースカーテンのみ

こんにちは。

ミニマリストのゆいです。

みなさま、カーテンってどのぐらいの頻度で洗濯しますか?

私は年に1回・・・洗えばいい方です(^_^;)

タイミングは大掃除のときですね。

カーテンって外したりつけたりが大変だし、

重くて乾かすのも大変。

つい後回しになっちゃいますよね。

ミニマリストの方はカーテンなしで生活する方も多いみたい。

洗濯の手間がかからないのはいいけれど、1階だと丸見えで、カーテン無しで生活するのは無理だと思います。

マンションの上の方だったら要らないかもしれないですけど。

昨年年末の大掃除で、カーテンを洗濯したのですが、そのときに気づいたことがあります。

それをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

カーテン無しは無理だけど、レースカーテンのみでいい

カーテンはレースカーテンと遮光や断熱のカーテン、2枚セットで使っていました。

各部屋の窓に。

わが家のカーテンを付ける窓は1階に1つ、2階に3部屋あって5つ(長短合わせて)あります。

カーテンは全部で6セットもある(+_+)

カーテンは1つの窓に対して左右に分かれるようになっているので、計24枚もありました。

さらにリビングと和室の仕切りにもカーテンを使っているので、プラス2枚で26枚。

洗濯する前から気が遠くなりそうです。笑

順番に洗濯していったのですが、気づきました。

普通のカーテンの方、ずっと横にまとめてあるよね。

全然閉めたりしてないよね、と。

寝室のカーテンは寒い冬は閉めています。

でもリビングは?

普通のカーテンを閉めた記憶なんて数えるほどしかありません。

まだ明るいのに暗くして遊びたいときぐらい。

逆に2階の使っていない部屋は、開けた記憶がない。

閉めっぱなしです。

カーテンって、レースカーテンと普通のカーテンと2枚両方使うものだと思っていたけれど、それって思い込みですよね。

▼思い込みの断捨離

思い込みを断捨離する。お風呂掃除は専用のものじゃなくていい。
思い込みを断捨離する。お風呂掃除は専用のものじゃなくていい。
お風呂掃除は専用のスポンジで、という思い込みを断捨離しました。お風呂掃除スポンジも断捨離して、お気に入りのモノトーンのスポンジを使うことにしました。

2階の寝室にはレースカーテンと普通のカーテン、両方取り付けました。

でも2階のおもちゃ置き場(たまに子供が遊ぶところ)はレースカーテンのみ。

2階で使っていない部屋(物置になってます・・・)は普通のカーテンのみ。

リビングはレースカーテンのみにしてしまいました。

レースカーテンのみなら洗濯も簡単です。

もっとこまめに洗濯できるかもしれない。

カーテンって結構汚れているものなので、洗濯すると白くなってスッキリします。

部屋も明るくなると感じました。

おすすめレースカーテン

うちのリビングでは、もともとレースカーテンのみで過ごしていました。

レースカーテンのみにするなら、選ぶときにちょっと注意が必要です。

外から見えにくい機能がついていることが大事。

防犯のためにも見えちゃうのは困ります。

わが家ではニトリのレースカーテンを使っています。

採光・遮熱・遮像レースカーテン(エコナチュレスケール) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット
ニトリのレースカーテンです。

レースカーテンはいつも閉めているので、それでも明るいように採光を重視。

もちろん見えにくい加工がされています。

ニトリのレースカーテンは風を通しやすい通風のものや防炎のものなどあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

楽天でも見えにくいレースカーテンはたくさんあります。

このショップさんではレースカーテンでも北欧風のストライプやチェックなどの柄付きのものがあって、おしゃれだなぁと。


ストライプかわいい!

欲しくなっちゃいました。

まとめ

今回、カーテンを2枚使う必要はないと気づきました。

カーテン無しで生活することはできないけど、1枚で十分。

もっと洗濯をこまめにやるように頑張ります。

▼ミニマリストの参考になるテーマ(にほんブログ村テーマ)

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

シンプル・ミニマルライフのファッション

シンプル・ミニマルライフの美容と健康

ミニマリストの持ち物


お読みくださりありがとうございました!
ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、読んだよの印に下記のバナーを押して応援クリックをいただけると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

スポンサーリンク

フォローする