バスマットを断捨離してニトリの珪藻土を購入

ニトリの珪藻土バスマット

お越しいただきありがとうございます。

最近断捨離したものパート2です。

パート1はこちら。

トイレからさらに断捨離したものと、手が汚れない掃除洗剤
トイレからさらに断捨離したものと、手が汚れない掃除洗剤
トイレのあれを断捨離して掃除をさらに楽に!最近お気に入りの手が汚れない掃除洗剤もご紹介します。

今回はバスマットを断捨離しました。

バスマット自体に不満はなかったのですが、バスマットの下に敷いているすのこが気になって。

とうとう珪藻土バスマットニトリで買ってきました。

スポンサーリンク

バスマットを断捨離

もともと使っていたのはscopeさんのバグ企画で買ったバスマットでした。

▼scopeのバスマット

おしゃれで、お気に入りでした。

厚手のタオルという感じなので、普通の洗濯物と一緒に洗えて清潔。

マット類って洗いにくいのが多いので、洗いやすいというのはすごく嬉しいです。

もちろん乾きやすい。

毎日でも洗えます。

でも今回断捨離を決意したのは、マット自体の理由ではなく。

バスマットの下に敷いていたすのこ。

これが汚くなってしまいました。

すのこの目にホコリがたまるんです。

でも洗いにくい。

水で流すぐらいだと綺麗にならないんですよね。

バスマットを干せて便利だけど、お手入れの手間がかかるものは持ちたくない。

だから、バスマットも断捨離しちゃおう!となりました。

ちなみに、マットは捨ててません。(すのこは捨てたけど)

バスマットとしては使わないけど、冬はトイレマットを敷きたいので、トイレマットとして使おうと思います。

あと、夏のプール遊びの時に、玄関に敷いておくのも良さそうですね。

ニトリの珪藻土バスマット

ということで買ってきたのが、ニトリの珪藻土バスマットです。

ニトリの珪藻土バスマット

出典:ニトリ

ちょっと値段が高めの方を選びました。

滑り止めのマットとお手入れ用のサンドペーパー付き。

この珪藻土バスマットは速乾、防カビ効果、消臭効果ありで税込2,990円です。

安い方は大きさによりますが、999円〜2500円ほどでした。

安い方でも滑り止めマットは必要らしいし、どうせ買うなら珪藻土の配合率が高い方がいいかなと思って。

滑り止めマットはこんな感じです。

ニトリの珪藻土バスマット滑り止め

我が家はお風呂のドア付近に、床下収納があり、その扉のためにちょっと段差があるのが心配。

平らな面に置かないと割れる可能性があるそうです。

でも仕方ないからそのまま使ってます。

段差といってもちょっとだし、子供達が2人で乗っても大丈夫だから、大丈夫なのかな?

使ってみた感想は、というと。

すごくいいです!

お風呂から上がって、最初にマットの上に乗った時は、ちょっとびちゃっとして心配になります。

タオルのフワフワ感もないし。

でもそこで体や髪を拭いていると、足の裏の水分を全て吸収してくれて、サラサラに!

直後に歩いてもペタペタなりません。

子供達も面白がって、珪藻土の上でしっかり止まってくれるので、濡れたまま走って行っちゃう、ということが無くなりました。

タオルのバスマットを使っていた時は、洗面台の前にもマットを敷いていました。

ドライヤーで乾かす時に足が濡れてて木になるそうで。

でもそれも要らなくなりそう。

夫が欲しいと言っていたので敷いていたのですが、なくても大丈夫か聞いてみます(o^^o)

珪藻土バスマットだと洗わなくていいです。

本当に速乾だからカビも生えなそうだし。

立てかける用のスタンドも購入しました。

立てかけるとスリムに収納できるし、お手入れのためにもいいそうなので、買うならスタンドも一緒がおすすめです。

▼そのほかニトリのお気に入り

ニトリの食器がイッタラ風!おしゃれでおすすめ!
ニトリの食器がイッタラ風!おしゃれでおすすめ!
ニトリでイッタラ風のおしゃれな食器を発見しました。 購入したターコイズの使い心地と、ニトリのおすすめ食器シリーズをご紹介します。
ニトリの木のウォールステッカーで簡単に部屋が明るく!黒板シートも
ニトリの木のウォールステッカーで簡単に部屋が明るく!黒板シートも
ニトリのウォールステッカーを購入。木と黒板です。貼るだけで部屋がパッと明るくなりました。貼り方もご紹介します。

▼こちらもおすすめ

にほんブログ村テーマ
ニトリで買って良かったもの
ニトリ大好き♪♪
イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア


お読みくださりありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、読んだよの印に下記のバナーを押して応援クリックをいただけると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

スポンサーリンク

フォローする