【コードブルー3】第3話感想。命より大切なもの

こんにちは。

お越しいただきありがとうございます。

コードブルー 3rd Season 見ています!

昨日7月31日が第3話の放送でした。

感想を書きたいと思います。

ネタバレしてますので、まだ第3話を見ていない方はご注意ください。

スポンサーリンク

コードブルー3 第3話感想

今回は「命より大切なもの」がテーマ。

命と、命より大切なもの、どちらを取るか・・・

あらすじ

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“。藍沢耕作(山下智久)はあらためてこの問題に向き合っていた。

藍沢が脳外科医で出会った患者の天野奏(田鍋梨々花)は将来を期待される14歳の天才ピアニスト。しかし彼女の脳は腫瘍におかされていた。指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えている。今手術をすれば奏の命は守られるが、ピアノを弾けなくなるというリスクが伴う。両親は早期の手術を望むが、拒否し続ける奏に現在の担当医、新海広紀(安藤政信)は頭を悩ませていた。

一方、救命には渓流で足を滑らせて転落した男性、緒方博嗣(丸山智己)が運び込まれる。こだわりの料理人として注目を集めている緒方だが、頸椎に脱臼骨折というダメージを受けていた。この状況下にあって自分が仕留めたイワナのことを心配する緒方に緋山美帆子(戸田恵梨香)は興味を持つ。

そんな中、森林公園で倒れていた男性救出のためドクターヘリ要請が入り白石恵(新垣結衣)らが救出に向かった。藍沢たちが病院で待機していると、白石からドクターヘリの機内に原因不明の汚染が発生したとの報告が入る。藍沢たちは初療室周辺とヘリポート、緊急外来を立ち入り禁止にするなど異例な事態に備える。藤川一男(浅利陽介)は身重の冴島はるか(比嘉愛未)も汚染されたヘリに同乗していることを思い出し、即座に走り出すのだった。

引用:コードブルー3 story 3

今回1番泣いたのは、冴島さんが目を覚まして、藤川先生がプロポーズするシーン。

赤ちゃんと二人とも無事で、本当に良かった。

あんな状態になっても赤ちゃんって大丈夫なんですね。

今の気持ちならはっきりわかる。

俺は、はるかと生きたい。

お腹にいる子供と3人で。

とにかくずっと、はるかと生きていきたい。

だから結婚して欲しい。

珍しく(ひどい・笑)藤川先生がかっこいいです。

命と、命より大切なもの、どちらを選ぶのが正解なんて誰にも決められないと思う。

でも命は無くなったらもう終わりだけど、命より大切なものは別のモノが見つかるかもしれない。

命は大切にしてほしいなぁと思います。

私の命より大切なものって聞かれたら、子供かな?

でも子供にもママがいないという悲しみを味わってほしくない。

だからわがままだけど、どちらも助けてほしいです^^;

あと、深海先生が入って、山Pとガッキーとで三角関係になるのかも!?

深海先生がいないと二人は何も進展しなそうなので、いい起爆剤になるのかもしれないですね。

コードブルーは恋愛要素はいらない、という声が多いですが、私はぜひ入れてほしいです☆

山Pが、好きだ。って言うシーンとか見たい~!!

ということでコードブルー3第3話の感想でした。

FODで第3話が無料配信されています。

見逃した方はご確認ください。

次回は8月7日(月) 21:00~21:54 放送です。

楽しみにしています!

他の方の感想はこちらからどうぞ↓
にほんブログ村テーマ テレビドラマへ
テレビドラマ

にほんブログ村テーマ ジャンル関係無しなんでもレビューへ
ジャンル関係無しなんでもレビュー


お読みくださりありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、読んだよの印に下記のバナーを押して応援クリックをいただけると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク

フォローする